女優南沢奈央(30)が独立したことを1日、自身のインスタグラムで発表した。06年に芸能事務所「スウィートパワー」のスカウトで芸能界入りし、ドラマや映画、舞台などで活躍。2018年4月に父親が南沢の個人事務所を設立後、スウィートパワーとは業務提携となっていた。

 「デビュー以来、長年お世話になった事務所スウィートパワーから独立し、また30代の幕開けとして、心機一転、公式ホームページをリニューアルしました」と報告。

 スウィートパワーの担当者は「舞台を主軸に活動していくと聞いています。事務所は離れますが、皆様には変わらずに応援していただければ幸いです。弊社としましても南沢さんのますますのご活躍を願っております」と話している。

 今後は父親が社長を務める事務所で活動を行う。テレビ朝日「こころ、はなやぐ。〜ハナ旅〜」、J―WAVE「TOPPAN FUTURISM」などの出演は変わらず続けていく。