GK権田、FC東京と契約解除 引き続き欧州希望「1月末まで探します」

GK権田、FC東京と契約解除 引き続き欧州希望「1月末まで探します」

 J1のFC東京は14日、オーストリア2部ホルンに期限付き移籍していた元日本代表GK権田修一(27)との契約を両者合意のもと解除することを発表した。

 東京都世田谷区出身の権田はU―15からFC東京に加入し、U―18を経て2007年にトップチーム昇格。09年シーズンから定位置を獲得し、以後守護神として09年ナビスコ杯(現YBCルヴァン杯)、11年天皇杯のタイトル獲得に貢献した。しかし、15年7月末にオーバートレーニング症候群の診断を受け、コンディション不良のため離脱。翌年1月に再起を期して日本代表の同僚・本田圭佑(30)がオーナーを務める、当時3部だったホルンへ期限付き移籍で加入した。同チームでは移籍直後に右脛骨(けいこつ)骨折のケガを負ったが、2部に昇格した今季途中に復帰すると、以降は正GKとして試合に出場した。通算成績はJ1リーグ戦が183試合、J2は20試合出場。

 各年代の代表に選出され、12年ロンドン五輪ではベスト4進出に貢献。フル代表としては09年の初招集以来3試合に出場している。

 クラブを通じて「このたび、1月31日までヨーロッパでのプレーの可能性を探るために、FC東京を離れることになりました。FC東京での約19年間で、選手としてはもちろん、人間としても大きく成長させてもらいました。本当にありがとうございました」とメッセージ。また、自身のツイッターでは「今は何も決まっていない状況で1月末まで欧州で所属クラブを探します。FC東京サポーターの皆さん、今まで素晴らしいサポートを本当にありがとうございました。自分で決めた道を信じて進みたいと思います!」としている。

ニュースをもっと見る
スポニチアネックスの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

07時10分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索