菊池の強さと抜群の距離感…3度の優勝を見届けた川口キャディー

菊池の強さと抜群の距離感…3度の優勝を見届けた川口キャディー

 ◇女子ゴルフツアーTポイント・レディース最終日(2017年3月19日 鹿児島県姶良市 鹿児島高牧カントリークラブ=6397ヤード、パー72)

 前日から完全優勝を確信していた。菊地の専属となって2年目の川口淳キャディー(41)は「最終日に崩れるタイプじゃない。危険を冒さず、セーフティーに行った結果だと思います」とうなずいた。勝因に挙げたのは3バーディー、ノーボギーで回った第2ラウンド。「同組で回ってた人は、勝てないと思ったと思います。“このまま絶対ボギー打たないだろうな”と」

 菊地の強さは抜群の距離感だという。昨年7月にウエッジの打ち方を修正した際、お互いの感覚が合わなかったため、川口キャディーが指示する距離を変えたことがあった。だが菊地は「お互い距離をアレンジしてしまうから、グチさん(川口氏)はいつも通りでやってください」と言ったという。何も言われなくとも川口キャディーが距離を修正したことを感じ取っていた。

 「シビアだけどやりがいがある。キャディー冥利(みょうり)に尽きるな」。15年の初優勝を含め、3度の優勝全てでバッグをかついだ川口キャディーは感慨深げだった。

ニュースをもっと見る
スポニチアネックスの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

12時38分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索