大迫 クリアミスで同点弾献上しボウ然 指揮官は「問題ない」

 ◇ブンデスリーガ・第30節(2017年4月21日 ケルン1―1ホッフェンハイム)

 ケルンFW大迫はホームでホッフェンハイム戦に先発。前後半1本ずつ、計2本のシュートを放ったが、後半ロスタイムにクリアミスから同点ゴールを許した。終了後はボウ然。ミックスゾーンもうつむいたままで、ロッカールームに引き揚げた。「ビルト」の採点はチーム最低タイの4点。

 右サイドのクロスを拾った大迫がクリアを試みるが、トラップが大きくなり、左足で蹴り出そうとしたところ、滑ってクリアできず。これを拾ったズーレが中央に送り、ディミルバイが左足で左隅に蹴り込んだ。

 シュテーガー監督は「大迫はチームのためにたくさん働いたし、問題ないよ」、シュマトケSD(スポーツディレクター)は「最後にひどい報いを受けてしまった。ボールをクリアできていたら、失点は回避できた。ユウヤは滑ってしまってクリアできなかった。相手は素晴らしいチームなのだから、それをうまく利用されてしまった。ただ、ユウヤはまた改善できる」とコメントした。

ニュースをもっと見る
スポニチアネックスの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

21時09分更新

社会のニュースをもっと見る

20時40分更新

経済のニュースをもっと見る

19時56分更新

政治のニュースをもっと見る

20時51分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

19時37分更新

エンタメのニュースをもっと見る

20時21分更新

スポーツのニュースをもっと見る

21時03分更新

トレンドのニュースをもっと見る

05時59分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

15時00分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索