浦和学院 初戦は三郷と対戦!赤岩主将「気が抜けることは一切ない」

 第99回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の埼玉大会の組み合わせが20日、決まった。

 今春関東大会王者の第1シード・浦和学院は初戦で公立校の三郷と対戦。過去3年連続で公立校に敗れており、赤岩主将は「関東大会優勝は通過点。夏の大会は何が起きるか分からない。気が抜けることは一切ない」と気を引き締めた。

 最速141キロ左腕・佐野ら投手陣に注目が集まるが、打撃も毎朝5時から2時間振り込むなど力を入れてきた。「夏の暑さに負けないように、6月はずっと朝からやってきた。全員野球で集大成を見せたい」と主将は意気込んだ。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索