ソフトバンク王会長 引退表明の井口に「42歳までよく頑張った」

ソフトバンク王会長 引退表明の井口に「42歳までよく頑張った」

 ロッテの井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンスタジアム内で会見を開き、今季で現役を引退することを発表した。

 ソフトバンク・王貞治球団会長は球団を通じてコメントを発表。「ホークスの強力打線の中心として2度の日本一。米国でも2個のチャンピオンリングを手にして、日米の野球界で大活躍だった。42歳までよく頑張って、野球の虫というか、そんな生きざまを見せてくれた。本当にご苦労さま」とねぎらい、「これからも野球界のため、後進のために活躍してほしい」と今後の活躍を期待した。

 王会長は、井口が97年にプロ入りした時の監督で2004年オフに大リーグに移籍するまで師弟関係を続けた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索