打つだけではない!ヤ軍ジャッジが強烈なレーザービーム披露

打つだけではない!ヤ軍ジャッジが強烈なレーザービーム披露

 ◇ア・リーグ ヤンキース2―4ツインズ(2017年7月17日 ミネアポリス)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(25)が17日(日本時間18日)のツインズ戦で強烈なレーザービームを披露し、今季4つ目の補殺を記録した。

 3回、無死満塁の場面でツインズのサノがライトへのフライを打ち上げると、定位置よりややセンター方向へ動いた右翼・ジャッジはこれをキャッチ。タッチアップした三塁走者のドジャーを刺すべく、本塁へ送球すると、ワンバウンドで捕手・ロマインのミットに収まり、タッチアウトとなった。

 計測システム「スタットキャスト」によると、ジャッジから本塁までの距離は262フィート(約80メートル)。そして、なんと送球のスピードは97・7マイル(約157キロ)だったという。打撃だけではなく、その強肩ぶりにも驚かされる。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索