サニブラウン準決勝へ 世陸日本人最速更新「集中していけた」

サニブラウン準決勝へ 世陸日本人最速更新「集中していけた」

 ◇陸上世界選手権男子100メートル予選(2017年8月4日 英ロンドン)

 陸上の世界選手権が4日に開幕し、男子100メートル予選に出場したサニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)は2組1位で準決勝へ進んだ。自己記録タイとなる10秒05(向かい風0・6メートル)は、01年エドモントン大会で朝原宣治が出した10秒06を抜き、世界選手権での男子100メートル日本人最速記録になった。

 同組に9秒69の自己記録を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)がいたものの「自分は自分なので。自分のレースに集中していけたのは良かった」とひょうひょうと話した。準決勝は、日本時間6日午前3時5分スタートの予定。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索