【小倉記念】タツゴウゲキ、鼻差の激戦制し重賞初V

 サマー2000シリーズ第3戦「第53回小倉記念」(G3、芝2000メートル)は6日、小倉競馬場で行われ、4番人気のタツゴウゲキ(牡5=鮫島厩舎、父マーベラスサンデー、母ニシノプルメリア)が、2番人気サンマルティンとの叩き合いを制して重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分57秒6。

 絶好の手応えで直線を向いたサンマルティンとタツゴウゲキの一騎打ち。一度はサンマルティンが突き抜けるかに見えたが、タツゴウゲキがしぶとく食い下がり、2頭並んだ状態でゴール板を通過。わずかに鼻差前に出たタツゴウゲキが激戦を制した。

 鼻差の2着はサンマルティン。さらに3馬身差3着は6番人気フェルメッツァ。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索