中日ビシエド “踏み忘れ”を「見ていた」二遊間に伝達→岩瀬へ

中日ビシエド “踏み忘れ”を「見ていた」二遊間に伝達→岩瀬へ

 ◇セ・リーグ 中日5―4巨人(2017年8月6日 東京ドーム)

 一塁の中日・ビシエドがアピールプレーの成立に貢献した。

 「重信が踏んでいないところを見ていた」と二遊間の京田と堂上に伝達。2人は有隅二塁塁審にアピールも「ボールデッドなのでプレーボールがかかってから」と言われた。その後2人に指示された岩瀬が二塁送球もプレーのコールがかかっていなかったためやり直しとなり2度目の二塁送球でアウトが認められた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索