抹消しなくてもOK NPB 引退試合での「特例登録手続き」導入決定

 日本野球機構(NPB)の理事会、実行委員会が7日、都内で行われ、引退選手が公式戦中に引退試合を行う場合の「特例登録手続き」の導入が決定した。今年から適用される。

 引退試合を行う当日の「1日登録」で、出場登録選手数が通常の28人から29人になる(引退選手が2人なら30人、3人なら31人)。ベンチ入り選手数は25人のまま。これまでは引退試合を行う選手を出場選手登録した場合、代わって登録を抹消された選手は10日間、1軍登録ができなかった。セレモニーなどを実施しやすくするための措置で、引退試合を行った選手はその後のレギュラーシーズン、クライマックスシリーズには出場できないが、日本シリーズの出場は可能となっている。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索