【キヨシスタイル】熱い!炎の西武打線 今年はセもパも赤が強い

【キヨシスタイル】熱い!炎の西武打線 今年はセもパも赤が強い

 熱いぜ!パ・リーグ。3位の西武が59年ぶりの13連勝をマークする快進撃で、首位ソフトバンクに5・5ゲーム、2位楽天に4ゲーム差に迫っている。

 4日からのソフトバンク3連戦(メットライフドーム)。初戦に逆転勝ちで13連勝を決め、連勝が止まった2戦目も驚異的な粘りを見せた。1―7の劣勢から8、9回で追いつき、延長戦に持ち込んだのだ。

 辻監督に聞いたら「向こうのベンチの雰囲気が違いましたもん。楽しかったですよ」って。負けて、そう言える余裕。3戦目は6―1で快勝し、この3連戦を勝ち越した。

 ソフトバンクを本気モードにさせた西武。6月から7月にかけて15連勝を飾り、最大11・5ゲーム差をひっくり返して優勝した去年の日本ハムにダブるところがある。

 なにが凄いかっていうと、日本一のフォークボールを投げるソフトバンクの千賀に「えぐい」と言わせた打線。1番に安打製造機の秋山がいて、2番はルーキーの源田だ。

 去年12球団最多の101失策にあえいだ西武。堅実な遊撃守備で社会人(トヨタ自動車)の源田を3位指名したのだろうが、足は速いし、打撃もいける。緩い球も形を崩されることなく、しっかりミート。送りバントがいらない最高のつなぎ役になっている。

 3番は暴れん坊将軍の浅村。4番にはおかわり何杯でもOKの中村がでんと座る。そして5番はおかわりくんの弟子の山川。不振のメヒアに代わって一塁に入って爆発し、13連勝の立役者になった。8番の炭谷も打率・266打ってるし、9番の金子侑は・338。打線に全く切れ目がない。

 この強力打線の援護を受けて若い投手陣が成長。岸(現楽天)が抜けた穴をみんなで埋めている。どこかマエケン(現ドジャース)が抜けて優勝した去年の広島みたいな…。

 故障者続出の楽天に代わって首位に立ったソフトバンクは独走態勢に入れるかと思ったら、思わぬ強敵の出現。今年も危機感を持って戦わなきゃいけない。黄色というより赤信号かもしれない。

 そういや、西武は炎獅子ユニホームを着てから連勝が始まった。セ・リーグは赤ヘルが独走。セもパも赤が強いんだよな。 (本紙評論家・中畑 清)

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索