ヤクルト バレンティン 3年ぶり3度目の満塁弾「集中していた」

 ◇セ・リーグ ヤクルト―DeNA(2017年8月8日 神宮)

 ヤクルト・バレンティンが、日本球界3度目の満塁弾を放った。

 2点を追う3回、1死満塁からDeNA・久保の143キロ直球をとらえた。左翼ポール際に運ぶ24号グランドスラム。「打ったのはストレート。この打席はインコースに来るんじゃないかと思っていたので、集中していた。最高の結果が出てよかった」。14年5月以来、3度目の満塁本塁打に笑顔が弾けた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索