広島 球団最速M33点灯 ドローも昨季を16日上回る独走

広島 球団最速M33点灯 ドローも昨季を16日上回る独走

 ◇セ・リーグ 広島1―1中日(2017年8月8日 ナゴヤドーム)

 広島は8日、中日と1―1で引き分け。2位・阪神が巨人に敗れたため、優勝へのマジックナンバー「33」を初点灯させた。点灯日は80年と昨季の8月24日を16日上回る球団史上最速。セ・リーグ2連覇へカープが加速する。

 沈黙していて広島打線がようやく目を覚ました。0―1の7回1死、菊池が鈴木からチーム初安打となる中前打で出塁。ここから丸、鈴木と3連打で同点に追いついた。7回1失点の野村の後を受けたリリーフ陣も追加点を許さず、引き分けに持ち込んだ。

 マジック点灯日は130試合制だった1980年、143試合制の昨季の8月24日を16日上回る球団史上最速となった。残り41試合で2位・阪神に9・5ゲーム差。リーグ連覇を視界に捉えた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索