巨人・宇佐見 プロ初打席初安打 由伸監督「藤川から打って大したもの」

巨人・宇佐見 プロ初打席初安打 由伸監督「藤川から打って大したもの」

 ◇セ・リーグ 巨人6―1阪神(2017年8月8日 東京ドーム)

 巨人の2年目捕手・宇佐見が、プロ初打席で初安打をマークした。

 この日、1軍に初めて昇格したばかり。6―0の8回2死で代打起用され、フルカウントから藤川の146キロ直球を中前にはじき返した。「真っすぐに振り負けないことを意識した。うれしいです」。高橋監督も「初打席で、しかも藤川から打って大したもの」と目を細めた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索