1イニング5与四球にプッツン 金本監督 岩貞を強制送還、2軍送り

1イニング5与四球にプッツン 金本監督 岩貞を強制送還、2軍送り

 ◇セ・リーグ 阪神1―6巨人(2017年8月8日 東京ドーム)

 試合後の東京ドームに、阪神・岩貞の姿は無かった。大事な6連戦初戦の先発を託したにもかかわらず、6与四球と「逃げ」の投球を展開。その姿勢に、金本監督は怒髪天をついた。

 4回の降板直後に左腕の2軍降格を即決し、なんと試合中に帰阪を命じていた。金本阪神では初めてで、超異例とも言える措置。それが、指揮官の怒りの度合いを物語っていた。

 「(岩貞は)見ての通りですね。まあ見ての通り」

 もはや、論ずるに値しないということだろう。試合後、岩貞の投球について問われた指揮官は「見ての通り」のフレーズを2度、繰り返しただけだった。そして今後の起用法を問われると「もう抹消ですね。もう明日、分かるのでね」と吐き捨てるように続けた。その時にはすでに、岩貞本人は帰阪の途に就いていたことになる。

 闘志が見えない―。そう思われても仕方のない投球だった。初回は先頭・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)にいきなり四球を与え、1死一、二塁から阿部に右前に先制適時打を浴びた。続く2回には石川にソロを被弾。そして、問題は3回だった。

 この回も先頭の陽岱鋼、続くマギーに2者連続四球。なんとか2死一塁までこぎ着けたが、阿部に右前打を浴びて歯止めがきかなくなった。後続の村田、長野に再び連続四球を与え、押し出しで1失点。続く石川には中前2点打を浴びた。小林を敬遠気味の四球で歩かせ、2死満塁から投手のマイコラスにまで左前適時打を許す始末。1イニング5与四球は球団ワーストタイ記録という体たらく。打者との勝負を逃げていると判断されてもおかしくない。しかも指揮官は今回の6連戦を前に「上しか見ていません」と決意を新たにしたばかり。その矢先に見せられた不甲斐ない投球に、怒りは頂点に達した。

 伝統の一戦に敗れて自力優勝の可能性が再び消滅し、広島に優勝マジックの初点灯を許した。首位とは9・5ゲーム差。きわめて厳しい状況であることは間違いない。それでも、優勝の可能性が残っている限り、ファイティングポーズを崩すことはない。この日の岩貞の強制送還は、そんな金本監督の決意を示しているに違いない。(惟任 貴信)

 ≪最多連敗は5≫岩貞の登板4試合連続敗戦は昨季6月19日ソフトバンク戦から7月10日広島戦に並ぶ自己ワーストタイ。最多連敗は同じく昨季6月3日西武戦からの5連敗(6試合)。3回には球団ワーストタイとなるイニング5与四球。ゲーム6与四球は、過去3度あった5個を上回る自己最多となった。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索