盛岡大付 エース平松が9奪三振の快投 作新学院の連覇阻む

 ◇第99回全国高校野球選手権大会第2日・1回戦 盛岡大付4―1作新学院(2017年8月9日 甲子園)

 第99回全国高校野球選手権大会は9日、甲子園球場で大会2日目を行い、盛岡大付(岩手)が大会連覇を狙う作新学院(栃木)の夢を打ち砕いた。

 盛岡大付は2回に臼井の同点適時打で追いつき、5回に比嘉の2点二塁打などで3点を挙げた。エースの平松は9回を一人で投げ切り、2安打1失点。キレのあるスライダーを中心に9三振を奪い、チームを勝利に導いた。

 試合後には「作新学院は打撃のいいチーム。コースを意識して投げたが、思うような投球ができなかった」とコメント。反省を口にしていたが、9奪三振について問われると、「変化球中心でいこうとバッテリーで決めていた」と表情を緩ませた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索