神戸製鋼 14年ぶりの王座奪回へ必勝祈願

神戸製鋼 14年ぶりの王座奪回へ必勝祈願

 ラグビートップリーグ神戸製鋼のジム・マッケイヘッドコーチ、前川主将ら選手、スタッフ79人が9日、神戸市内にある南宮宇佐八幡神社を参拝し、18日に開幕するリーグ戦に向けて必勝祈願した。

 同神社は本社のある中央区脇浜にあり関係は深いが、ラグビー部が参拝するのは初めて。創建は建武3年(1336)で、「楠木正成、足利専氏追討の命を奉じ、兵庫に出陣の途次、当脇浜に同志を集め休息せし時遥に八幡宮を拝して湊川に下向し、勝利をおさめた」として伝えられている。今季のチームスローガンは「Togetherness」。14年ぶりの王座奪回を目指すチームが心をひとつに一丸となるには、うってつけの場所だ。前川主将は「自分たちがやってきたことを出せるようにお願いしました」と表情を引き締めた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索