日大山形 延長で力尽く…鹿野 痛恨の悪送球に号泣も荒木監督「いい試合をしてくれた」

日大山形 延長で力尽く…鹿野 痛恨の悪送球に号泣も荒木監督「いい試合をしてくれた」

 ◇第99回全国高校野球選手権大会第2日1回戦 日大山形3―6明徳義塾(2017年8月9日 甲子園)

 日大山形が延長12回に力尽きた。

 この回、2死一、二塁のピンチで明徳義塾の4番谷合の打球は三遊間に飛んだ。遊撃鹿野が打球をつかみ、一瞬三塁へ視線を送ったが三塁手も打球を追ったため、三塁方向に体勢が流れたまま二塁に送球した。このボールが悪送球となり、二塁走者がホームに還った。その後右前2点適時打も出てスコアボードに「3」がついた。

 試合後、泣きじゃくった鹿野は「三塁へ投げようとしたけど、三塁も出ていたから二塁に投げた。自分のせいで負けてしまった。みんなに申し訳ない」と涙が止まらない。

 しかしナインは誰も鹿野のミスを責めなかった。結果的にエラーが決勝点になったが、荒木準也監督は「いい試合をしてくれた」と最後まであきらめない試合を展開したナインを称えていた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索