中日1カ月ぶり連勝!京田5安打大暴れ 広島のM消滅…大瀬良は初黒星

中日1カ月ぶり連勝!京田5安打大暴れ 広島のM消滅…大瀬良は初黒星

 ◇セ・リーグ 中日7―1広島(2017年8月9日 ナゴヤD)

 中日が広島先発の大瀬良(7勝0敗)から10安打7点を奪って大勝し、7月7日以来の連勝をマークした。ルーキー京田がプロ初となる5安打でチームをけん引。開幕から連勝を続けていた広島の大瀬良に初黒星をつけた。6四球を与えた先発の大野は6回1失点と粘り、4勝目を挙げた。

 京田は初回、先頭で左中二塁打を放つと三盗も決め、ビシエドの遊ゴロの間に先制のホームを踏む。3回にも左越二塁打。1―1の同点で迎えた5回には1死三塁から右前へ適時打を放ち、2点を奪った。さらに6回には、詰まった当たりを一塁のエルドレッドが処理しようとする間に、執念のヘッドスライディングでベースカバーの遅れた大瀬良よりも早く一塁に到達。8回にも3番手ヘーゲンズから内野安打を放つなど、この日は5安打3打点2盗塁の大暴れだった。

 これで今季10度目の猛打賞。99年の福留(現阪神)が残したチームの新人最多猛打賞記録にあと1に迫り、58年長嶋茂雄氏(巨人)の14度というセの新人最多猛打賞も視界に入ってきた。

 広島は大瀬良が粘れず。2位の阪神が巨人に勝ったため、前日に初点灯した優勝マジックは1日で消滅した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索