サファテ 1点差の9回に登場、貫禄投で35セーブ目

サファテ 1点差の9回に登場、貫禄投で35セーブ目

 ◇パ・リーグ ソフトバンク3―2ロッテ(2017年8月9日 ZOZOマリン)

 ソフトバンクのサファテが1点差の9回に登板。2打点を挙げていた好調の角中を遊ゴロに切り抜けると、鈴木、根元を連続で空振り三振に仕留め、35セーブ目を挙げた。

 「バンデンハークと岩崎が投げたリズムの中でしっかり仕事が出来た」。

 5日の西武戦では4点リードの9回無死満塁の場面で登板。浅村に2点適時打を許すと、山川にも2点打を許し、同点に追いつかれた。この日はそれ以来の登板だったが、「西武戦の後、初めてだったので、しっかりストライクを取ることを意識した」と話した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索