巨人・宇佐見 デビュー2打席連続安打 6回からプロ初マスク

 ◇セ・リーグ 巨人4―5阪神(2017年8月9日 東京ドーム)

 巨人の2年目捕手・宇佐見が5回2死一、二塁の好機で小林の代打に送られ、前日に続くデビュー2打席連続の安打を右前へ放った。

 「真っすぐに振り負けないようにと思っていた」。6回からそのままプロ初のマスクをかぶり、7回に逆転。勝利まであと1イニングに迫った9回に再逆転を許した。7回には犠打失敗もあったが、高橋監督は「1本打ったし、初めての中でよく守ったと思う」と評価。村田バッテリーコーチも「必死さは伝わってきた。いい経験になったと思う」と話した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索