ロッテ ソフトB戦負け越し決定 伊東監督「1点の壁が厚かった」

ロッテ ソフトB戦負け越し決定 伊東監督「1点の壁が厚かった」

 ◇パ・リーグ ロッテ2―3ソフトバンク(2017年8月9日 ZOZOマリン)

 ロッテは角中が2本の適時打を放ったが1点及ばず、連勝は2でストップ。ソフトバンク戦は今季4勝13敗となり、負け越しが決定した。

 伊東監督は「ソフトバンクとは“1点が”という試合ばかり。1点の壁が厚かった」と振り返った。

 前夜は19安打17得点も、この日は4回に1点を返した後に無死三塁からたたみかけられず、5回も無死三塁を逸した。「こういう試合をとっていかないと厳しいですね」と息をついた指揮官。先発のスタンリッジは6回3失点で5敗目を喫し「3回だけ。何とかあの回を乗り切れていたら」と悔やんだ。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索