花咲徳栄、15安打9得点 岩井監督「ノってきたときの破壊力すごい」

花咲徳栄、15安打9得点 岩井監督「ノってきたときの破壊力すごい」

 ◇第99回全国高校野球選手権大会3日目 花咲徳栄9―0開星(2017年8月10日 甲子園)

 第99回全国高校野球選手権大会は10日、甲子園球場で大会3日目が行われ、第2試合は花咲徳栄(埼玉)が開星(島根)を9―0で下し、3年連続で初戦を突破した。

 15安打9得点を挙げ、開星を圧倒。岩井隆監督は「子どもたちの力は私たちの想像を超えている。ノってきたときの破壊力にはすごいものがある」と舌を巻いた。

 初回から得点を重ね、3回までに4点をリード。「前半の4点は大きく効いた」と振り返った。4回から6回までは無得点に抑えられたが「自分たちのチャンスは来ると思っていた」と焦りはなく、7回に4番・野村、5番・須永の連続適時打などで一挙5点を奪いリードを広げた。

 先発の綱脇は守備にも助けられ、8回7安打無失点。試合後は「ほっとしています」と笑みを浮かべ「尻上がりによくなった。ツーシームとスライダーがよかった」と手応え。「(捕手の)須永がしっかり投げさせてくれた」と頼れる女房役に感謝した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索