聖光学院、エース斎藤が完封一番乗り 監督も驚き「全く想像しない展開」

聖光学院、エース斎藤が完封一番乗り 監督も驚き「全く想像しない展開」

 ◇全国高校野球選手権大会3日目 聖光学院6―0おかやま山陽(2017年8月10日 甲子園)

 第99回全国高校野球選手権大会は10日、甲子園球場で大会3日目が行われ、聖光学院(福島)がおかやま山陽(岡山)を6―0で下して、2年連続で初戦を突破した。

 先発・斎藤が5安打に抑え、今大会の完封一番乗り。打線も13安打6得点を挙げ、斎藤智也監督は「全く想像しない試合展開。びっくりしています」と目を丸くした。

 エースの斎藤は12三振を奪い「斎藤のチェンジアップとスライダーがどれだけ通用するかがポイントだった。想像以上に低めの変化球で振らせてくれた」と回顧。「粘り強く投げていた。いいピッチングをしていたので今日は交代を考えなかった」と力投を称えた。

 斎藤は完封勝利に「うれしいです。ボール球を振ってくれてよかった」とほっとした表情。「今日のピッチングは80点」と振り返り「無駄なフォアボールが100点に足りないところ」と修正点も挙げた。

 戦後最長の11年連続出場という大記録を引っさげて帰ってきた甲子園。斎藤監督は「とにかく苦しい時をいかに我慢するか、チャンスで一気に畳みかけるかとか、そういうチームのスイッチがいい意味でほしい」と次戦への意気込みを語った。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索