オリ・吉田正8回決勝打!雄星毎回12K完投も5敗目

 ◇パ・リーグ オリックス4―2西武(2017年8月10日 京セラD)

 オリックスの吉田正が2―2と同点の8回に、西武・先発の菊池から左越え2点適時二塁打を放って勝ち越し4―2で勝利。オリックスは2カード連続の勝ち越しとなった。

 2―1の8回に3番手・近藤が浅村に13号同点ソロを浴び、試合は振り出しに戻ったが、その直後に2四球でチャンスを作ると、2番に入った吉田正が8回裏2死一、二塁から決勝打を放った。

 先発の松葉が6回1失点と好投。3番手・近藤がプロ入り初白星。この日、1軍復帰した4番手・平野が9回をきっちり締めて20セーブ目を挙げた。

 西武は先発の菊池が8回を投げ、被安打3で毎回の12三振を奪ったが4失点で5敗目。打線も2得点にとどまり、球団新となる12試合連続5得点以上とはならなかった。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索