オリ吉田正が雄星打ち 左越えV二塁打「決められて良かった」

オリ吉田正が雄星打ち 左越えV二塁打「決められて良かった」

 ◇パ・リーグ オリックス4―2西武(2017年8月10日 京セラD)

 オリックス・吉田正が2―2の8回に決勝の2点二塁打を放った。2死一、二塁から初球のスライダーを逆らわずに左越えに運び「何とかいい場面で試合を決められて良かった」と息をついた。

 菊池には前回の対戦で3打数無安打と抑え込まれ、この日も3打席目までは凡退していた。「ここしかないという打席」で、期待の若きスラッガーが一振りで挽回してみせた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索