楽天・銀次が抱く3・11への思い Vで東北にもう一度元気を

楽天・銀次が抱く3・11への思い Vで東北にもう一度元気を

 ◇パ・リーグ 楽天4―3日本ハム(2017年8月10日 Kobo宮城)

 ◎記者フリートーク

 東日本大震災から6年がたったが、被災地である岩手県出身の銀次は常に被災者の思いを背負っている。毎年、3月11日には必ず報道陣に囲まれる。オープン戦期間中の今季もそうだった。被災地復興への思いを問われると「今日だけじゃない。震災が起こってから毎日、被災地のことを思ってプレーしている」と力強く話した。

 世間では震災の話題も少なくなる一方だが、銀次の中で風化することはない。傷ついた故郷を元気づけるために、自分ができることはチームを優勝させることだと理解している。13年以来、4年ぶり日本一へ。選手会長がその先頭に立っている。(楽天担当・黒野 有仁)

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索