智弁和歌山 苦しみながら6年ぶり初戦突破 高嶋監督「まだ甲子園おれる」

智弁和歌山 苦しみながら6年ぶり初戦突破 高嶋監督「まだ甲子園おれる」

 ◇第99回全国高校野球選手権大会4日目 智弁和歌山9―6興南(2017年8月11日 甲子園)

 6点差をはねのけ、6年ぶりに初戦突破を果たした智弁和歌山。通算64勝目となった高嶋監督は「苦しかったですね」と振り返りながら、久々となった勝利監督インタビューの席に立ち「いつもは向こう側(負けチーム監督)の席。久しぶりなので良かったなというのと、まだ甲子園おれるなという気持ちです」と笑顔を見せた。

 3回に6点を奪われたが、ベンチでは「後半勝負だから1点でも詰めておこう」と指示、焦りはなかったという。4回に2点を入れ4点差とすると、5回無死1死から3番・林が左越え2ラン。「ナインに活気を与えてくれた。あれが大きかった」と指揮官が振り返るように、この一振りで打線が活性化。逆転劇へとつながった。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索