ネイマール 13日の第2節でデビューへ、国際移籍証明書届く

ネイマール 13日の第2節でデビューへ、国際移籍証明書届く

 バルセロナ(スペイン)からパリ・サンジェルマン(フランス)に史上最高の移籍金2億2200万ユーロ(当時約291億円)で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)が、13日(日本時間14日)のリーグ第2節アウェー・ギャンガン戦でデビューする見通しとなった。

 フランス協会は11日、公式ツイッターでスペイン協会からネイマールの国際移籍証明が届いたことを発表。フランス協会はAP通信に、ネイマールは11日中に移籍が正式に承認され、13日のギャンガン戦に出場できるだろうと説明した。

 パリSGのエメリ監督は11日の会見で「(ギャンガン戦の)メンバーに入って、先発してほしい。練習で調子がいいし、戦術、セットプレーも確認しており、準備はできている」とネイマールを先発起用する見通しを明かした。

 ネイマールは3日に5年契約でパリSGに加入したが、スペイン協会から国際移籍証明書が届かず、5日のリーグ開幕節アミアン戦に出場できなかった。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索