柴崎 好プレーで開幕スタメン獲りアピール

 スペイン2部テネリフェから同1部ヘタフェに移籍したMF柴崎岳(25)が、好プレーで指揮官に開幕スタメン獲りをアピールした。

 11日、今季初めてホームで行われたプレシーズンマッチで、昨季リーグ3位の強豪アトレチコ・マドリードを相手に先発し、後半34分までプレー。約1万1000人の地元ファンの前で0―0に終わり、得点には絡めなかったが、アス紙(電子版)は「ヘタフェは柴崎のプレーが目立った」と報道。ヘタフェのボルダラス監督は柴崎ついて「ラストパスで少々ミスはあったが、チームの攻撃に多く参加して、良い試合だった。ボールを持たないところでも良い仕事をしていた。まだ緩急は足りないが、我々を大いに助けてくれるだろう」と高く評価した。

 ヘタフェは12日に2部アルバセテと最後のプレシーズンマッチを行い、20日にリーグ開幕節のアウェー・ビルバオ戦に臨む。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索