マーリンズ、球団売却へジーター氏らのグループと合意 約1300億円

マーリンズ、球団売却へジーター氏らのグループと合意 約1300億円

 マーリンズのデービッド・サムソン球団社長は12日、ヤンキースで活躍したデレク・ジーター氏(43)らの投資グループに球団を売却することで合意したことを明らかにした。マーリンズにはイチローと田沢が所属している。

 サムソン球団社長によると、前日の11日に売却合意したそうで、譲渡額は12億ドル(約1310億円)。オーナー会議の承認を経て、今季公式戦終了後の10月初めにもジーター氏らのグループに球団の経営権が移るという。

 マーリンズは1993年に球団創設。これまで1997年と2003年の2度、ワールドシリーズを制覇しているが、2004年から昨季まで13年連続でプレーオフ進出を果たせていない。現オーナーのジェフリー・ロリア氏は2002年に球団を買収した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索