ルーニー 開幕戦でゴールで勝利!「自分にとって特別な瞬間だった」エバートンで4869日ぶり

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドからエバートンに復帰した元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が、開幕戦でゴールを決めた。

 12日、ホームのストーク戦に3―4―2―1の2列目でフル出場。0―0の前半ロスタイムに中盤で一度起点となってからペナルティーエリアに走り込み、右クロスをジャンプしながら頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 「自分にとって特別な瞬間だった。喜びの中に、たくさんの安堵と感動があった」。ホームのグディソン・パークを埋めた約4万人のサポーターが熱狂する前で、膝から滑り込みガッツポーズをしながら歓喜の雄叫びを上げた。ルーニーにとってプレミアリーグ通算199点目。エバートンでのゴールは18歳だった2004年4月13年以来、約13年4カ月(4869日)ぶりとなった。

 これが決勝点となり1―0で勝利し、14季ぶりに復帰した古巣でのリーグ初戦を白星で飾った。クーマン監督は「難しい局面でもチームメートに経験を示してくれた。賢く、ボールを受けても落ち着いていて、他の選手とは違った」とチームをけん引した背番号10を絶賛した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索