明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

 ◇第48回明治神宮野球大会・高校の部 決勝 明徳義塾4―0創成館(2017年11月14日 神宮)

 2年連続7回目の出場となった四国王者の明徳義塾が初出場の創成館(長崎、九州大会優勝)を下し明徳高校時代の1981年以来、36年ぶり2度目の優勝を果たした。馬淵史郎監督は初優勝。

 明徳は初回に安田陸(1年)の適時打で先制。3回にはスクイズ、7回にも藤森涼一(2年)の2点適時打で貴重な追加点を挙げた。投げては初戦、準決勝と完投勝ちしているエース市川悠太(2年)が完封。3試合すべて投げ切って優勝をもたらした。

 創成館は準決勝で近畿王者の大阪桐蔭を破り初出場で決勝に進んだが、市川の前に4安打に抑えられた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索