DF上本大海が現役引退 磐田、大分、C大阪などで17年プレー

 J3鹿児島は12日、DF上本大海(35)が昨季限りで現役を引退すると発表した。

 鹿児島県指宿市出身の上本は、鹿児島実高から2001年に磐田入り。その後、大分、C大阪、仙台、長崎を経て昨季から故郷・鹿児島でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が230試合4得点、J2が5試合0得点。昨季はJ3で22試合1得点だった。

 上本はクラブを通じ、「この度17年間というサッカー人生に終止符をうつことを決断しました」と引退を報告。

 「ジュビロ磐田からスタートして大分トリニータ、セレッソ大阪、ベガルタ仙台、V・ファーレン長崎、そして地元の鹿児島ユナイテッドFCと渡り歩いてきました。優勝の喜びや降格の苦しみ悲しみ、様々な経験をさせていただいたことが、今では僕の財産です。このような場所を与えて頂いたことを感謝しています。そして、チーム、選手だけでは実現できない雰囲気を作って頂いたファン、サポーターの皆さま、そしてご支援頂いたスポンサーの方々には選手たちを輝かせて頂き感謝しています。皆様こそが僕のサッカー人生のMVPだと思っています」と感謝し、今後については「これまで培ってきた経験をまた次のステージで生かせるように頑張っていきます」としている。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索