“ミギータ”真砂 開幕一軍誓う「まずは代打から食い込む」

“ミギータ”真砂 開幕一軍誓う「まずは代打から食い込む」

 ソフトバンクのプロ6年目、真砂が開幕1軍を誓った。「左投手を打てるか。まずは代打から食い込んでいきたい」。グアム自主トレに初参加のオリックス吉田正から打撃のヒントを得た。真砂自身は点で捉えるイメージだったミートポイントに関して、吉田正は体の幅とゆとりを持たせているという。真砂は「取り入れていきたい」と意欲的に話していた。

 右打ちのギータ(柳田)という意味で藤本打撃コーチから「ミギータ」と名付けられた期待の23歳。昨季は1軍デビューした8月3日のオリックス戦でプロ初安打を本塁打でマークした。ただ1軍での出場は9試合に終わり、グアムに出発前には柳田から規定打席到達で高級腕時計を約束された。「目標もできるし、言っていただけるのはうれしい」と“ニンジン”を全力で追いかける。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索