初場所土俵祭り 祭主は勘太夫「心を込めて」 セクハラ・伊之助の“代役”

初場所土俵祭り 祭主は勘太夫「心を込めて」 セクハラ・伊之助の“代役”

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)の安全を祈願する土俵祭りが13日、両国国技館で行われ、三役以上の力士らが参加した。

 本来は立て行司が務める祭主。しかし、この日は冬巡業中に若手行司へのセクハラ行為があった第40代式守伊之助に代わり、三役格行司の第11代式守勘太夫が務めた。

 滞りなく祭事を執り行った勘太夫は「心を込めてやろうと思いました」と、淡々と振り返った。

 この日の午後からは臨時理事会が開かれる予定で、伊之助の処分が主な議題になる。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索