斎藤移籍の横浜、背番号「10」は空席 スローガン「勇猛果敢」

 J1横浜の新体制発表会見が15日、横浜市で行われ、元日本代表MF斎藤学(27)が川崎Fへ移籍したことで空いたエースナンバーの背番号「10」は、現時点で空き番となった。

 また、今季のチームスローガンは「勇猛果敢」と発表され、具体的な目標として「もっと攻撃的に」「リーダーシップをもったプレー」「すべてのスピードを高める」の3つが挙げられた。

 アンジェ・ポステコグルー新監督は「このようなクラブチームの監督ができてとても光栄。責任感があるということも知っている」と語り、「私の哲学をチームに落とし込むことを楽しみにしている」と開幕が待ち遠しい様子。

 続けて「他チームはリスペクトはしているが、恐れるチームは1つもない。他チームが恐れるようなチームにマリノスを育てていく」と意気込みを語り、「私としては、ファンの方がもっと白熱して誇りに思うよう、2018年のマリノスを今年だけでなく将来も語り継がれるようなチームにしていく」と力強く宣言した。

 今オフ、昨季から10番を背負い、主将にも就任した斎藤がJ1王者の川崎Fへ完全移籍。昨年9月に右膝前十字じん帯を損傷し、手術後の現在もリハビリ中の斎藤は「僕はこの移籍を挑戦と捉えています。より難しいチャレンジをしたいという思いが決断を後押ししました」と語っていた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索