渡部暁斗、2大会連続の銀「ホッとした気持ちが半分。悔しさも半分」

渡部暁斗、2大会連続の銀「ホッとした気持ちが半分。悔しさも半分」

 ◇平昌冬季五輪 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル(2018年2月14日)

 平昌五輪は14日、ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルが行われ、前半飛躍で3位だった渡部暁斗(29=北野建設)は後半距離(10キロ)で順位を上げ、2大会連続の銀メダルを獲得した。前半飛躍5位のフレンツェル(ドイツ)が得意の距離で地力を見せ、2大会連続の金メダルを獲得した。

【渡部暁と一問一答】

――2大会連続の銀メダル。

 「メダルを獲れてホッとした気持ちが半分。残り半分が、自分の目指していたところに届かなかった悔しい気持ち」

――後半距離を振り返って。

 「今日はかなり風が強くて、誰も前に出たがらない中で、フレンツェルと僕で“痛み分け”といいますか、お互いに引っ張りあった。フェアにやりたかったので、様子を見ながら体力を残しながら進めた。最後にフレンツェルが仕掛けてくると思っていたが、彼の方がスピードがあった。完敗という感じ」

――レース後に苦笑いだった。

 「相手がスパートすると分かっていたが、力の差を見せつけられたので。4年前とは違った気持ちでゴールした」

――個人ラージヒル、団体と続く。

 「4年前はノーマルヒルでメダルを獲れたのが嬉しくて、気持ちが少し切れてしまった部分があった。今回は金メダルを獲りにきたと宣言しているので、気持ちを切り替えてラージヒルと団体でもベストを尽くしたい」

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索