関学大・鳥内監督 直接謝罪ない内田監督に怒り「同じ指導者として受け入れられない」

関学大・鳥内監督 直接謝罪ない内田監督に怒り「同じ指導者として受け入れられない」

 関学大は17日、学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が関学大QBに悪質なタックルを見舞った問題で、抗議文書に対する日大の回答書について、鳥内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)が会見を行った。

 関係者の話では、試合前のハドル(作戦会議)で内田正人監督(62)が当該選手に指示を出したとされているが、日大広報部は「違反しろという指示は出していない」という内田監督の証言を発表し、内田監督の指示を否定。当該選手は「“反則をやるなら出してやる”と監督から言われた」と周囲に話していたともされ、両者の意見は食い違い。問題発覚後、内田監督は公の場には出てきていない。

 こういった内田監督の対応について、鳥内監督は「現実にあの場所におられて、責任者であのプレーを見ている。(回答書では)自分の厳しさと選手の取り方をかい離しているとされていたが、もしそう思うのであれば、あのプレーが起こった時になぜベンチに戻して、そういうプレーをしろと言ったのではないと(叱責することが)、なぜできなかったのかと僕は思う。もしあれを受け入れたら、スポーツが成り立たない。ビデオを見れば誰もが思う、非常に悪質。責任者が我々の選手、保護者に直接謝罪するのは筋ではないか。同じ指導者としてやっぱり到底受け入れることができない。我々も指導をしているが、汚いプレー、反則プレーをするな、相手を傷つけるような行為は絶対やるなと、もし重篤な事故が起これば、一生罪を背負うことにもなると、我々は前から言っている」と怒り心頭。内田監督が公の場に出てきていないことには「大学の監督プラス、日本大学の中でも要職、地位のある役職におられるので、はっきり記者会見して、お詫びに来てほしい」と訴えた。

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索