ヤクルト・青木、史上9人目の先頭打者ランニング本塁打!球団26年ぶり

ヤクルト・青木、史上9人目の先頭打者ランニング本塁打!球団26年ぶり

 ◇交流戦 西武―ヤクルト(2018年6月14日 メットライフD)

 ヤクルトの青木宣親外野手(36)が、14日に行われた西武戦で史上9人目となる先頭打者ランニング本塁打を放った。

 青木は「1番・中堅」でスタメン出場。初回、カウント1−2となった4球目をセンターへ打ち上げると、秋山が飛球を見失い頭上を越えフェンスへ。打った青木は、全力疾走で本塁へ滑り込んだ。

 ランニング本塁打の先頭打者弾は2014年5月6日、ロッテ・荻野貴司外野手以来4年ぶり。ヤクルトでは、1992年4月26日、飯田哲也外野手以来26年ぶり2人目となった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索