【北福岡】東筑紫がサヨナラ勝ち 9回に富田、伊藤がタイムリー

【北福岡】東筑紫がサヨナラ勝ち 9回に富田、伊藤がタイムリー

 ◇第100回全国高校野球選手権記念 福岡北大会3回戦 東筑紫11−10北九州市立(2018年7月14日 北九州市民)

 点の取り合いとなった一戦は、9回裏に東筑紫の7番・富田の三塁打、8番・伊藤の左前適時打でサヨナラ勝ちした。

 9回1死から三塁打を放った富田は「意地でも次の打者につないでやろうと打席に立った」と上気した表情で振り返った。三塁までの好走が光ったが「ランナーコーチを信じて無我夢中で走った」と笑顔がこぼれた。

 続いてサヨナラの好機に打席に立った伊藤は「変化球が来ると思い狙っていた」と緊張の場面でも捕手らしい冷静な読みで歓喜のサヨナラ打を生んだ。「富田を帰すことしか考えてなかった。絶対に勝てると信じてた」。

 劇的なサヨナラ勝ちに「失点が多かったので、自分で決めたい気持ちもあった」と白い歯がこぼれ「1つずつみんなでプレーしていけたらいい」と今後の戦いへの意気込みを語った。

 7回までは5点リードも、8回に8点を奪われ逆転を許し追う展開に。古賀敬悟監督は「夏はこういうこともある」と苦笑いしたが、逆転されても沈まずに流れを引き戻した選手たちの姿を「絶対にあきらめない、気持ちの強い選手が多い。接戦に強い」と手放しで賞賛していた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索