雄星の契約額 4年総額57億〜68億の攻防か ボラス氏の手腕に注目

 西武・菊池の契約額に関して、ニューヨーク・ポスト紙は3年総額3000万ドル(約34億2000万円)、移籍情報サイト「トレード・ルーマー」は6年総額4200万ドル(約47億8800万円)と予想している。現状では4年総額5000万〜6000万ドル(約57億〜約68億4000万円)が攻防ラインとみられる。

 今オフからポスティングに伴う譲渡金が改定され、契約金、年俸、バイアウト(契約解除)額の総額が1億2000万ドル(約136億8000万円)を超えなければ、これまでの上限2000万ドル(約22億8000万円)に届かない。この改定を歓迎するGMも多いが、争奪戦へ加わる球団が増えるほど契約額は上がるだけに、やり手のボラス氏の戦略に注目が集まる。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索