宮原が自己ベストで2位発進!三原が3位、GPデビューの紀平5位 NHK杯女子SP

宮原が自己ベストで2位発進!三原が3位、GPデビューの紀平5位 NHK杯女子SP

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯第1日が9日に行われた。NHK杯で3年ぶり2度目の優勝とGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)の出場を目指す宮原知子(20=関大)がショートプログラム(SP)に出場。自己ベストとなる76・08点で2位と好位置でスタートした。三原舞依(19=シスメックス)が70・38点で3位、GPデビュー戦となる紀平梨花(16=関大KFSC)が69・59点で5位につけた。

 首位は76・17点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21=ロシア)。10日に同フリーが行われる。

 宮原は完璧な演技を披露し、スケートアメリカでマークした73・86点を更新。「さらに点数を伸ばすことができて嬉しい」と演技を振り返った。

 最終滑走の三原は、ルッツ―トーループの連続3回転、ダブルアクセルと後半の3回転フリップですべて着氷。「NHKは憧れの舞台だったので、幸せな空間だったなと思った。ジャンプだけでなくスピンやステップと表現の面でも今までやってきたことを出そうと思って滑った」とコメント。

 GPデビュー戦の紀平は注目が集まった冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は転倒したが、その後は立て直してフリップとトーループの連続3回転を決め、両手を上げる3回転ルッツも成功した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索