昨年末の東京大賞典を制したオメガパフューム(牡5=安田翔)は、春の最大目標を帝王賞(6月24日、大井)に据えてローテーションが組まれる。3月のドバイワールドCには遠征しない。安田翔師は「今は山元トレセンでリフレッシュさせています。うまく調整していきたいですね」と話した。