巨人の原監督は客員教授を務める母校・東海大での講演で、指導者としての考えなどを語った。原監督は「“勝つ”という目標の下、縦も横も一体になる。具体的な目標がないと一つになるのは難しい」と組織論を展開した。

 東海大准教授で柔道日本代表の井上康生監督も登壇。09年WBCで侍ジャパンを率い、代表監督の難しさも知る原監督は「東京五輪で井上先生に柔道界を引っ張ってもらう。スポーツファンとして見届けたい」とエールを送った。