デビュー2戦目から未勝利、エリカ賞と逃げて2連勝のヒュッゲが、勢いに乗って重賞初制覇を目指す。岩崎助手は「初戦は馬自身が競馬を分かっていませんでした。持続力が持ち味の馬らしく、2戦目から前に行って安定してきましたね」と目を細める。ただし、必ずしもハナにこだわるわけではない。「前に馬がいても引っ掛かることはない。仮に番手でも大丈夫ですよ」とジャッジした。