阪神・藤浪は14日、鳴尾浜で自主トレを行い、開幕ローテーション入りへ決意を新たにした。すでに1軍キャンプ参加が内定。矢野監督の「競争で勝ってきてくれるのを楽しみにしている」という言葉に対し「毎年そう。今まで特別扱いされたとは思ってない。毎年の先発争いも、ルーキーの時からずっとそう」と力強く呼応した。

 準備も進んでいる。昨年12月に参加した「ドライブラインベースボール」の講習で復活への足がかりを構築。この日もキャッチボール前にドライブラインから持ち帰った数種類の加重ボールなどを使ったルーティンに励んだ。用具はキャンプにも持参予定で、感覚を研ぎ澄まし、激しい競争を勝ち抜く算段だ。

 今年はキャンプ中の実戦開始時期も例年より早まる見込みだが、余念はない。「いつ言われてもいいように準備はしていく」。キャンプ初日から全力投球で、競争を勝ち抜く。