スペイン1部バルセロナは13日、バルベルデ監督を解任し、昨季までベティスを率いたセティエン氏が後任に就くと発表した。契約期間は22年6月まで。バルベルデ監督は17年に就任してリーグ2連覇に導いたが、欧州CLで一昨季は8強、昨季は4強で敗退。今季は国内リーグで首位に立つが、取りこぼしも目立っていた。

 バルセロナがシーズン途中に監督を解任するのは、03年1月のファンハール氏以来で17年ぶり。セティエン氏は15〜17年にラスパルマス、17〜19年にベティスを指揮。ベティスではMF乾貴士を指導した。