全国高校サッカー選手権で24大会ぶり2度目の優勝を果たした静岡学園イレブンが14日、大逆転勝利を収めた決勝から一夜明け、地元・静岡市で凱旋報告会を行った。

 午後4時からの報告会は、静岡市役所に集まった約500人の市民がお出迎え。J1鹿島に内定しているエースMF松村は「たくさんの方々に迎えられて大きなことを達成したんだなと実感した。こういう景色を次の世代の後輩たちにも見せてほしい!」と連覇を目指す後輩たちへエールを送った。15日には鹿島に合流する。「まだ先がある。最高の形で終わることができたので次に向けて切り替えていきたい」と優勝を置き土産にプロの舞台での飛躍を誓った。